李広

李広

李広



李 広(り こう、? - 紀元前119年)は、中国前漢時代の将軍。文帝・景帝・武帝に仕えた。 飛将軍の綽名でも知られる。武勇に優れていたが戦功を認められることなく憤死した。本貫は涼州隴西郡成紀県(現在の甘粛省天水市秦安県)。秦の大将軍の李信の子孫にあたる。従弟に丞相になった李蔡、孫に李陵がいる。

李 広(り こう、? - 紀元前119年)は、中国前漢時代の将軍。文帝・景帝・武帝に仕えた。 飛将軍の綽名でも知られる。武勇に優れていたが戦功を認められることなく憤死した。本貫は涼州隴西郡成紀県(現在の甘粛省天水市秦安県)。秦の大将軍の李信の子孫にあたる。従弟に丞相になった李蔡、孫に李陵がいる。

李広は虎に母を食べられて、虎に似た石を射たところ、その矢は羽ぶくらまでも射通した。のちに石と分かってからは矢の立つことがなく、のちに石虎将軍といわれた。このことを揚子雲にある人が話したところ、子雲は「至誠なれば則ち金石、為に開く」(誠心誠意で物事を行えば金石 …

李広とは? 李 広(り こう、? - 紀元前119年)は、中国前漢時代の将軍。文帝・景帝・武帝に仕えた。飛将軍の綽名でも知られる。武勇に優れていたが戦功を認められることなく憤死した。本貫は涼州隴西郡成紀県(現在の...

李広 逸話 桃李言わざれども下自ずから蹊を成す李広は清廉な人物であり、泉を発見すれば部下を先に飲ませ、食事も下士官と共にし、全員が食事を始めるまで自分の分には手をつけなかったという。後に司馬遷はこの人柄につい...

李広は頷き、衛青と別れ進軍を開始。 しかし李広は道に迷って衛青との刻限に間に合わず、匈奴との戦いは. 衛青軍のみで戦い大勝利を収める事になりました。 李広は配下の者が罪を負わないよう、自らの首を刎ね、自害します。

李 広利(り こうり、? - 紀元前88年)は、前漢の軍人。中山郡の人。妹に武帝の寵妃の李夫人と兄に武帝の寵臣の李延年がいる。なお、李広の名と似ているが別人である。

李広伝 ~漢之飛将軍~ 李広は匈奴と度々戦い、漢の飛将軍と恐れられた。 射術に優れ、部下に慕われ、兵を率いては確実に敵を倒したが自らが傷つくことも多く、最後は非命に倒れた。

Amazonで塚本 青史の飛将軍 李広。アマゾンならポイント還元本が多数。塚本 青史作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また飛将軍 李広もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

しかし、李広は答えなかった。 衛青は長史の者にこう李広を厳しく責めさせた、 「私の陣営に来て質問に答えるように。」 李広はこう言った、 「校尉らに罪はありません。 ただ、私だけに道に迷った責任があります。

李広 故事成語 ⭐ LINK ✅ 李広 故事成語

Read more about 李広 故事成語.

ipkrasnodar.ru
rasklejka.ru
permnerud.ru

Comments:
Guest
Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.
Guest

The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.

Guest
By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.
Calendar
MoTuWeThFrStSu