海千山千 例文

海千山千 例文

海千山千 例文



海千山千(うみせんやません)の例文. 海千山千 の相手だけに交渉を有利に進めるのは容易ではない。 着任当初は 海千山千 の人たちとどう交渉していくか悩んだ。 何といっても 海千山千 の彼は危ない橋を …

 · 「海千山千」の例文 「今度赴任した主任は、かなりのやり手というだけでなく、海千山千と聞いている」 「彼のやり方はしたたかで、まさに海千山千という感じだね」 「自分は仕事のためなら、海千山千の人間と言われても良いと思っている」

 · 海千山千の彼であれば、どんな状況でも上手く立ち回れそうだ 例文3. 今回の取引相手は海千山千の相手、簡単にはいかないだろう 例文4. 海千山千の強豪たちに囲まれて、自分は立ち向かって行けるだろうか 例文5. 海千山千の人と聞いて恐々としていたが ...

 · 海千山千人を評価するときに使う「海千山千」という言葉。「うみせんやません」と読みます。「海千山千」を誉め言葉として使用している人がいますが、誉め言葉として使用するのは適切ではありません。この記事では「海千山千」の意味や使い方について、小説な

海千山千の例文. 出典:ぱくたそ 「決勝の相手は海千山千の監督が率いるので油断ならない」 「商談相手は海千山千の課長だからしっかり準備しておこう」 「あそこの会社は業績が厳しいみたいだけど、海千山千の社長だから何とかすると思うよ」

海千山千 例文 ⭐ LINK ✅ 海千山千 例文

Read more about 海千山千 例文.

krdnow.ru
hairmaster.ru
kak-legko.ru
avtomoy3.ru


Comments:
Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Guest

You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.

Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Calendar
MoTuWeThFrStSu